JOURNAL

■ Pearl chip pierce

なにかの殻のような
もっと言ってしまえばコーンフレークのようなパールチップ

一つ一つ違う皺やおうとつが魅力で、
控え目だけどちゃんとパールの柔らかな光を放っています。

二つ重ねたパールチップは、動いてその時々でカタチを変えます。
その定まらずちょっとずつカタチを変えていくことが長所のピアス。

でもそれはOnrine storeだとすごくお伝えしにくいことなのですが、
たとえて言うならワンレンのボブの人が
左サイドの分け目でカットしてもらったけれど、
センターでも右で分けてセットしても、これもいい!
って感じの・・・そんな二つの組み合わせにはしています。

柔軟に
身軽に
ちょっとずつ変化して
激しく変わる世の中の中で自分らしく心地よくあれるよう・・

フックも今回オリジナルでつくったカタチです。
全長約2㎝のショートフックです。

毎日のピアスにと考えた新しカタチ


 
ピアスホールが耳たぶの中央や上の方に開いている方は
オーダーも承っておりますのでお問い合わせください。

また、片耳での販売もオーダーにて承っております。

どうぞよろしくお願いします。

〔 追 記 〕
私はピアスホールから耳たぶの下まで5㎜弱、
Pearl chip pierce Ⅰ~Ⅳはすべてパールチップが
耳たぶにかからず耳の下にくる感じです。